Loading…

 
 

令和2年度 第37回京都府高等学校総合文化祭 開催


あいさつ

京都府高等学校文化連盟会長 吉川 孝(京都府立鴨沂高等学校長)

 「第37回京都府総合文化祭(京総文)」を今年度も開催できますことを心より感謝申し上げます。

 今年度は、新型コロナウイルス感染症への対応のため、年度当初から臨時休業となり、生徒たちは不安な思いの中、大変な日々を過ごしてきました。学校再開後、生徒の一人が「一週間前から楽しみにしていた。部活ができて、学校生活が送れることがとても嬉しい。」と言ってくれた言葉がとても印象的でした。生徒も教職員もみんなが『あたりまえの日常生活』がいかにかけがえのない、大切なものであるかを実感した日々でもありました。

 まだまだ予断の許さない状況ですが、京都府・京都市教育委員会や特別協賛の村田製作所様はじめ多くの関係者の皆様の御理解・御支援、各専門部の感染予防策を含め万全の体制での実施に向けての御準備、そして加盟校の教職員や保護者の皆さまの御理解・御協力のお陰で、京総文を開催することができます。ありがとうございます。

 9月13日から11月7日までの期間に、各部門が発表や競技を行います。さまざまな点でいつもとは違う形での開催となりますが、生徒と教職員が協力・工夫することで、一人一人にとって、記憶に残る素晴らしい京総文になればと思います。生徒への御声援・御支援をお願い申し上げますと共に、今後とも本連盟の活動に御支援・御協力をお願い申し上げます。


祝 辞

京都府知事 西脇 隆俊

 第37回京都府高等学校総合文化祭が、多くの高校生の皆さんの参加のもと開催されますことを、心よりお喜び申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症の流行により、学校生活にも大きな影響を及ぼしておりますが、感染防止対策を講じ、高校生の文化活動の貴重な機会である本文化祭が継続して開催されることは、大変意義深いことと存じます。

 高校生の皆さんにおかれましては、本文化祭を通じて、日頃の文化活動の成果を十分に発揮していただくとともに、学校の枠を越えた交流と研さんを深めていただきたいと思っております。

 京都府では、京都府高等学校文化連盟や文化庁とともに「全国高校生伝統文化フェスティバル」を開催し、高校生の文化活動の発信に取り組んでいるところです。文化活動に励む皆さんと一緒に日本の文化を盛りあげてまいりたいと思っております。

 結びに、本文化祭の開催に当たり御尽力された関係者の皆様に敬意を表しますとともに、本文化祭の成功と高校生の皆さんの御活躍を心からお祈りいたします。


京都市長 門川 大作

 様々な分野の文化芸術が,学校の枠を超えて集結する「第37回京都府高等学校総合文化祭」の開催を,心からお慶び申し上げます。

 開催に御尽力されました京都府高等学校文化連盟の先生方をはじめ,関係者の皆様に深く敬意を表します。

 御参加の皆様におかれましては,豊かな感性と創造力を存分に発揮され,日頃の研さんの成果を存分に御披露ください。皆様が本文化祭を通じて大きく成長されることを念じています。

 これまでの生活スタイルが変容を迫られるウィズコロナ時代には,心を豊かにしてくれる文化の力が一層大切になります。本市では今後,京都に全面的に移転する機能強化された文化庁とも手を携え,文化の力で京都から日本中を元気にしていく決意です。文化芸術を愛する皆様の,一層のお力添えをお願い申し上げます。

 結びに,本文化祭の御成功,並びに御参集の皆様の御健勝と御多幸を祈念いたします。


京都府教育委員会教育長 橋本 幸三

 第37回京都府高等学校総合文化祭が、新型コロナウィルス感染拡大により例年と異なる形になりましたが、生徒の皆さんの情熱と、関係の方々の御努力により、開催されますことに心からお祝いを申し上げます。

 本文化祭は、伝統と文化が息づく京都府の高校生による文化活動の総合的な発表の場として、生徒相互の交流と研さんを深めることを目的に開催されてまいりました。今年度は例年とは異なる厳しい環境の中で、思うように研さんを積むことが困難であったことは想像に難くありません。

 文化の力が今こそ求められるとき、京総文を舞台に、皆さんがこのような状況下であっても、豊かな感性とほとばしる情熱をもって、創意工夫を凝らし培ってこられた力を、高校のみならず、広く府民の方々に、さらには全国の方々にむけて発信されることを期待します。

 結びにあたり、本文化祭の開催に向けて御尽力いただきました関係の皆様方の熱意に敬意を表しますとともに、本文化祭の御発展を祈念いたしまして、お祝いの言葉といたします。


京都市教育長 在田 正秀

 この度の新型コロナウイルス感染拡大により,本年度は実施が危ぶまれていたところかと存じますが,関係者各位による感染防止のための創意工夫並びに多大なる御尽力の下,第37回京都府高等学校総合文化祭が無事に開催される運びとなりましたこと,心からお慶び申し上げます。

 高校生の皆さんにとっては,長い休校期間を経て,ようやく学校生活が再開されたものの,感染症対策を徹底した新たな日常に戸惑いも多いことと思います。そのような中でも,皆さん自身を支え,励まし,前向きに生活が送れる原動力となるもの,それこそが文化芸術活動だったのではないでしょうか。皆さんには,友人,家族,学校や部活動など,これまで「当たり前」であった,身近で大切な人や環境に感謝の気持ちを寄せ,練習を重ねてこられた成果を存分に発揮されることを期待します。

 結びに,本大会の開催に御尽力いただきました京都府高等学校文化連盟をはじめ,関係者の皆様に深く敬意を表しますとともに,本文化祭の成功と,皆様の今後一層の御活躍を祈念いたします。

 
 
京都府高等学校文化連盟
Top